黒いブツブツの埋没毛ができる原因とケア方法

埋没毛について

埋没毛に悩む女性
ムダ毛処理を続けていると、黒いブツブツとした埋没毛ができてしまいます。
カミソリや毛抜き、脱毛ワックスや脱毛テープなど、肌に負担になるムダ毛処理方法をすることでできてしまいます。

これらのムダ毛処理方法は肌や毛穴を傷つけてしまいます。

傷ついた肌や毛穴を早く直そうと体が治癒力を働かせますから、角質が厚く硬くなって伸びて来たムダ毛が皮膚の外に出られなくなり、角質の下で成長している状態です。

ダメージを与えないムダ毛処理方法を選択する

日々のムダ毛処理が肌や毛穴を傷つけているのが原因ですから、埋没毛をなくすにはまず肌にダメージを与えないムダ毛処理方法に切り替えましょう。

電気シェーバーなどの肌や毛穴に優しい方法なら、大元の原因を取り除くことができます。
また、埋没毛が気になるからと、ピンセットや毛抜きでほじくってはいけません。

余計に肌や毛穴が傷ついてしまって、炎症を起こしやすくなります。
自然にムダ毛が外に出てくるのを待つのがベストですから、乳液やクリームでケアしてあげて角質が柔らかくなるようにしてあげましょう。

埋没毛を一刻も早く外に出したいなら、肌に負担にならないスクラブやピーリング剤で、優しくマッサージしてあげると効果的です。

スクラブやピーリングは古い角質を取り除く作用がありますから、その分埋没毛も早く皮膚の外に顔を出してくれます。

使い過ぎてしまうと角質が傷ついてしまいますから、週に一度くらいに留めておきましょう。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*