産後のムダ毛処理において自己処理での注意点について

産後のムダ毛処理について

産後の女性
産後は、ホルモンバランスの乱れにより肌の状態も乱れます。

そのため、産後の肌は乾燥しやすい上に、外部からの刺激を受けやすい状態となります。

なので、産後のムダ毛処理として肌を保湿せずに剃刀を使うと、肌の角質層に傷をつけるので肌の乾燥を招く原因に繋がります。

さらに、肌が乾燥するとより外部からの刺激を受けやすくなるので、肌のトラブルに悩まされやすくなります。

とはいえ、剃刀による自己処理は肌の保湿を剃る前と剃った後に忘れずに行うことで、肌の乾燥を抑えつつムダ毛処理を施せます。

けれども、剃刀を使う際に刃が汚れていたり欠けていたりすると、肌が痒みを伴う原因を招きやすいです。

特に、欠けた刃の剃刀を産後に使うことは、肌の角質層を余計に傷つけることになります。

電動シェーバーでのムダ毛処理

電動シェーバーも剃刀と同じ剃る処理となります。

電動シェーバーは、剃刀と違って刃を肌に直接当てることなく剃ることが可能ですが、衛生面に気を使う必要があります。

なので、電動シェーバーを使う際刃が欠けている場合は、新しい刃に変えたり新たに購入して使うのが重要です。

他にも、電動シェーバーも肌の保湿を行わずにムダ毛処理を施すと、肌の乾燥を招くことになります。

けれども、電動シェーバーは刃の衛生面に気を使うことと肌の保湿を忘れずに注意して行うことで、肌に与える刺激を抑えつつムダ毛処理するのに適します。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*