ワキガになる原因とニードル脱毛でワキガを改善できる理由について

脱毛でワキガを改善

ワキガを解消した女性
脇にある汗腺となるアポクリン腺から出る汗が、肌の表面の細菌に分解されることによりワキガが発生します。

その上、脇にはアポクリン腺だけでなくエクリン汗腺も存在するので、エクリン汗腺から出る汗が混じることでワキガの臭いが強くなります。

なので、汗をかきやすい人ほどアポクリン腺から出る汗とエクリン汗腺から出る汗が混じりやすくなるので、ワキガに悩まされやすくなります。

その上、アポクリン腺から汗が分泌される量が多いほど脇毛が長い傾向にあるので、脇毛が長いとワキガの臭いが強まります。

自己処理によって脇毛を短くすることでワキガの臭いを抑えることができますが、自己処理を繰り返し行っても脇毛を無くすことができません。

そのため、自己処理だけでワキガの臭いを完全に抑えるのが不可能なだけでなく、自己処理に手間を割くことになります。

なので、脇毛の自己処理から開放されつつワキガの臭いを改善したい際は、クリニックに行ってレーザー脱毛やニードル脱毛を受けるのがお勧めになります。

ニードル脱毛

ニードル脱毛は一度施術したら施術した箇所から毛が生えなくなるので、自己処理する手間を割かずに済みます。

ただし、ニードル脱毛はレーザー脱毛より肌に痛みを伴う他にも、脇は柔らかい皮膚の部位となるので必然的に激痛に追われることになります。

また、ニードル脱毛は針を脇毛1本1本に刺すので、レーザー脱毛より施術時間が長いです。

とはいえ、ニードル脱毛は痛みに我慢できれば脇毛が生えなくなるので、ワキガの臭いを完全に抑えることが可能となります。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*